~  “黄泉比良坂”  葦原中国(人間の住む世界)と黄泉の国(死者の世界)を繋ぐ黄泉路  ~ 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お人形っていいですよね。
なんていうか置いておくと部屋が明るくなるっていうか。
キレイな人形とか格好いい人形とか飾っとくと、なんかうれしい気分になりますよね。
貴方の部屋にも一体はお有りになられるでしょう?

でも人形ってね。
元々は“ヒトガタ”って言って
“人の形を模したモノ”
を指し示す言葉なんですよね。

もしも霊魂って存在があったとして
自分がそうなってこの世を彷徨う事になったとしたら。
私だったら間違いなく“ヒトガタ”に宿ろうって思いますけどね・・・。





このお話はですね。
もうだいぶ前のお話になっちゃうんですけど
私の同級生のSちゃんて人が成人式の日に話してくれたお話なんです。

Sちゃんっていうのは私の地元ではちょっと有名な家柄の娘さんでして。
まぁいわゆる地元の名士っていうんですかね。
昔から続く由緒正しい家系なんですよ。
だから家の中には骨董品とか何とか結構貴重なものがあったそうなんですよ。
で、その中の一つにね。
古い‘市松人形’があったそうなんです。

市松人形



昔はね。
母親が娘さんに渡す着せ替え人形として定番のものでしたから。
どこの家にも大体は有ったんですよ。
そういうのがSちゃんの家にはまだ残ってたんですね。
その人形がね、Sちゃんの部屋のタンスの上に飾ってあったんですよ。

子どもの頃からSちゃんその人形が何か恐くて
よくお母さんに嫌だって言ってたらしいんですね。
でもその人形は代々受け継いで来たもので
お婆ちゃんの形見でもあった。
『お婆ちゃんが見守ってくれてるんだよ。』
って言ってずっと部屋に置いたままになってたんですね。
Sちゃんは普段はその人形出来るだけ見ないようにしてたそうなんです。

それがSちゃんが中学二年生になったある日の事。
たまたまテレビ見てたら
“チャイルドプレイ”
って映画がやってた。
この映画っていうのがとある人形に殺人鬼の魂が入り込んで
殺人を繰り返すって内容のもの。
この映画見てしまったSちゃん
急にタンスの上に飾ってあるあの市松人形のことが恐くなったんですね。

“もしかしてあの人形、動き出すんじゃないかな”

恐くなってきたもんだから
人形を壁の方に向けて置きなおしたんですね。
人形が背中向けて顔が見えなくなると恐さがまぎれた。
Sちゃん少し安心して
鏡使ってお顔の手入れなんかし出したんですね。
もうお年頃ですからね。
お肌の手入れして
眉毛を抜いたりして・・・

そしたらふと鏡に映るあの人形に気が付いた。
鏡の向こうSちゃんの背中越しに
あの人形がこっち見てる。

『え?』

急いで振り返ったけど
人形は壁の方を向いたままじぃっと立ってる。
Sちゃん恐くなって布団潜り込んで電気点けたまま寝ちゃったんですね。

・・・その夜。
Sちゃん夢を見た。
あの人形がすごい形相でSちゃんの首を絞める夢を。

朝になってSちゃんが目を覚ますと。
首には誰かに絞めれたような痣が出来てて
あの人形、正面向いて立ってたそうです。


もう我慢出来なくなってね。
Sちゃん泣きながらお母さんに
『あの人形どっかやって!』
ってお願いしたんですね。
あまりの事にお母さんも流石に分かったって言って。
人形を物置の中にしまって
ガラスのケースを被してくれたんですね。

『これでもう人形どこにも行けないから。』

その日の夜はSちゃんお父さんとお母さんと同じ部屋で寝たんですね。
‘お父さんもお母さんも傍にいてくれる。もう大丈夫だ’
ってそう思って安心してゆっくり眠りに落ちて。。。



 ・・・ズキィ!


急に足に痛みを感じてSちゃん目が覚めたんですね。

そしたら

目の前にあの人形がある。

『あの人形が来た!!』

Sちゃん一瞬そう思った。
でも、それは違うって事にすぐ気が付いたんですね。
あの人形が来たんじゃなくて
Sちゃんがあの人形のとこに自分で来たんだって事に。
目が覚めた時、暗い物置の中でSちゃん
割れたガラスケースの中に手を突っ込んだ状態で立ってたそうです。
床に飛び散ったガラス踏んだ痛みで、Sちゃん目が覚めたんですね。





『あの時はね』

Sちゃん、この話をしてくれた後に言ってました。
『結局自己暗示に掛かってしまってたみたいなのよね。』
『恐い 恐いって気持ちが人形が動き出すんじゃないかって不安に変わって。』
『夢遊病みたいに寝てる間に、自分でガラス割ったり人形動かしたりしてたみたいなんだ。』
こういった情緒が不安定な年頃の少女にはままある事らしくて。

流石に心理学を専攻してるSちゃんらしい考えだなって思って
『きっとそうだね。』
って私その時は言いましたけど。

ほんとはね。
そうじゃ無いと思ってるんですよ。
だってね、Sちゃんは言ったんですよ。
“割れたガラスは外に飛び散ってた”
って。
もしもSちゃんがガラス割ったんならね。
破片は内側に飛び散るはずでしょ?
あの時ガラスはね。
内側から割られてたんですよ。


あの市松人形にはね。
お婆ちゃんじゃない“良くない何か”が憑いてたに違いないって。
私は今でもそう思ってます。







‘トイレの花子さん’
学校の女子トイレの奥から三番目の個室を特定の方法でノックすると
“はぁ~い”
って返事をするおかっぱ頭で赤いスカートを履いた少女の幽霊。
もう誰もが知ってる超有名人ですよね。
学校の怪談を語る上で欠かせない存在の彼女。
実は1950年代から存在してたお話らしいんです。
元々は‘三番目の花子さん’って呼ばれてたそうで。

なんていうかトイレっていうのは広い学校の中で、個っていう周囲と断絶された空間に置かれる数少ない場所じゃないですか。
それに霊って水場に集まるって言いますし。
怪異が生まれ易い場所なんでしょうね。

もちろん居ましたよ、私の学校にも‘トイレの花子さん’が。
これは私の友人のお姉さんが教えてくれた話なんですが・・・。




[“トイレの花子さん”]の続きを読む
午前1:25分頃。
この時間になるといつも

“ コン   コン   コン  ・・・ ”

って壁を叩くヤツがいる。
新しい部屋に引っ越して来てもう3ヶ月になるけど、それは毎日続いてる。

最初の頃は気付かなかったし、全然気にもならなかったんだけど。
ある時ふと気が付いたんだ。

“  コン    コン   コン ・・・ ”

って壁をノックするような音は毎日鳴ってる。
毎日、午前1:25分頃に。

オレの住んでたとこはさ、いわゆる学生マンションてやつ。
1階の103号室に住んでるんだけどすぐ隣にはまた違うアパートが建ってるんだよ。
壁の向こうってのはその間でさ。
狭い隙間があるだけなんだよ。
人が通ろうと思えば通れる幅はあるんだけど、通り道なんかには絶対使わないよ。
抜け道でも無いし、こんなとこ通る奴なんて居る訳無い。
なのに、毎日深夜にここを通って壁叩いてく奴が居るんだよ。

なんていうのかな。
叩く音も“コン、コン”ってノックじゃなくて、

 “   コン    コン       コン  ・・・ ”

ってなんかゆっくり叩いてるんだよ。
しかもなんか壁の下の方をさ。
ちょうど膝のあたりかな。


なんか気持ち悪いだろ?
だから友達に頼んでさ、外を見張っててもらったんだよ。
でさ、オレは部屋でじっと待ってたんだ。
午前1:25分になるの。
そしたらいつもの

  “   コン      コン   ”

って音が鳴ったんだよ。
オレすぐに友達の携帯に電話して

『誰かいるか!?』

って聞いたんだよ。
そしたら

『誰も居ないよ。』

って。
その携帯で話してる間も

 “   コン    コン  ・・・  ”

って音は聞こえてるんだよ?
なのに外には誰もいないって言うんだよ。

急に恐くなって来てさ。
部屋飛び出してそのまま友達ん家泊まったんだ。



次の日になって、思い切って隣の部屋の人に聞いてみたんだよ。
同じように壁叩かれてんのかなって。
そしたらすっごく変な顔するんだよ。
気持ち悪そうな顔でオレの事見るからさ、直感的に‘なんかあるな’って思ったんだ。
だから聞いたんだ。
『もしかして、オレの部屋ってなんかあったの?』
って。
そしたら教えてくれたよ。

オレの前の住人。
自殺したんだって。
ノイローゼかなんかで部屋の中で首吊って。
ちょうど午前1:25分頃、あの壁の方向いて。

その時やっと分かったよ。
あの

 ‘   コン    コン    コン ・・・ ’

って音。
あれは壁をノックする音じゃなくて、
死体が揺れて壁に当たってる音だったんだよ。
ぶら下がった死体の足の先がさ。
  
  ‘    コン    コン   ・・・  ’

って壁に当たる音だったんだよ。

あの音はさ。
部屋の中で鳴ってたんだよ。
ちょうど前の住人が死んだ時間に。




もちろんあの後すぐに引越しの手続きをしたよ。
あんな部屋に住めるわけないだろ?
あれから一度もあの部屋には入ってないよ。
荷物も全部引越し屋に頼んだし。
そういえば、隣の部屋の奴も引越したって言ってたな。
そりゃそうだよな。






今宵ご紹介させて頂くのは、私の友人のS君から聞いたお話。
彼が20歳の頃に体験したっていうお話でして。
‘恐怖’の足音が近づいてくる様子が、純粋に怖い。
そう感じさせてくれるお話なんじゃないかなと思います。





今からちょうど七年前の夏。
S君当時付き合ってたM子ちゃんって子と友達のカップルとでバーベキューしに行こうって事になったそうなんですね。
で、少し離れたトコロに川原でもっていい場所があるからってなって。
みんなで休みの日にそこに行ったそうです。

その場所っていうのが友達の彼女(仮にA子ちゃんとします)の実家の近くで、
地元の人ぐらいしか知らないような場所。
周囲を山に囲まれてて、遠くにダムが見える景色のいい場所だったそうなんですね。
(京都府内にある地域で、場所言っちゃうと分かる人には分かっちゃうんで伏せさせて頂きます。)


20070327025908.jpg



S君たちがその川原に着いたのがちょうど午後12:00ぐらい。
『景色がキレイだし、いい所だね』
なんていいながらみんなでワイワイとバーベキューの準備し始めた。

で、しばらくするとM子ちゃんが変な事言い出しそうなんですね。

『あのダムの上に、何か白いモノいない?』

S君たち、目を凝らしてみたけど何にも見えない。
『気のせいだよ』
ってまた続きを始めると
『そうかなぁ』
ってM子ちゃんも一応納得したみたいで、一緒に続きをやり始めた。

でも。
またしばらく経って。

『やっぱり、いる。白いのがいるよ。』
M子ちゃんがまた言い出した。
で、
『あそこにいる』
って山の方を指さすんですね。
S君たち、じぃっとその指の先見てみると確かに白いものが見える。
山の上の方に白いものがユラユラ揺れてる。
『確かになんか白いものがあるなぁ。』
そんな事いいながら、また準備始めてS君が野菜切りだすと・・・

『いる!あそこにいる!!』
今度はA子ちゃんが叫びだした。
山の斜面の中腹を指しながら。
確かに白いものがユラユラと宙に浮いている。
『なんだろなぁ、白いものがあるな・・・』
S君がそう言い掛けると。
『違うよ!』
『いるの!あれは女の人だよ!!』
M子ちゃんに言われてじっと見てみると、確かに白い服を着た女性がユラユラ揺れているように見える。
だけど人間があんな所にいるなんてありえない。
ましてや宙に浮いているなんて。
でも、確かに女性の姿に見える。
さっきまでは遠すぎてそうは見えなかったけど、今なら確かに・・・。

・・・。
そこでS君気が付いたそうなんです。
最初ダムの上の方にいた‘白いモノ’
いつの間にか向かいの山の斜面まで来てて
今はその全体がぼんやり見えるところまで降りて来てる。

“あいつ、こっちに近づいて来てる・・・!”

『ねぇ、もう帰ろう!』
M子ちゃんの声で我に返ったS君たちは、急いで荷物片付けた。
鉄板とか何かもとにかく車に詰め込んだ。
詰め込みながら向こう岸見てみると、‘白いモノ’はもう斜面を降り切った場所にいる。
川をの挟んだすぐそこに、いる。
間違いなく女性。
白い着物を着た髪の長い女性が、ユラユラ揺れながらこっち見てる。

もう残りの荷物も放っぽらかして、取りあえず車に乗り込んだ。
砂利道昇って、府道に出る寸前にS君が川原を振り返ると。
‘白い着物を着た女’はさっきまでS君たちがいた場所まで来てて、こっちを見上げてる。
斜面を挟んで数メートルの距離から、S君たちのことをじぃっと見てる。

『うわぁぁぁぁあ!』

もうひたすらアクセル踏んでその場から逃げ出したそうです。



・・・10分くらい走ったでしょうか?
もう川原もダムも見えなくなって少し安心したS君たちは、アクセル緩めて走り続けたんですね。
誰も一言も喋らないまま。
そうこうしてたら一台の後続車が来て
S君の車にぴったりくっ付いて来たんです。
で、しつこくパッシングして来るんですね。
一本道で追い越しさせる場所もないから仕方無く速度上げても、まだぴったり付いて来る。
で、パッシングを繰り返す。
『喧嘩売ってやがんのか。』
S君だんだん腹が立ってきたけど、あんな事あった後だから我慢して峠登りきったあたりの少し道が広くなったところで車を左に寄せたんですね。
で、窓開けて‘先に行けよ’って手でやろうとしたら。
“ビイィィイ!!”
ってクラクション鳴らしながら後ろの車も止まった。
S君さすがに腹立って車降りたら、後ろの車のドライバーも飛び出してきて。

“お前、喧嘩売ってんのかよ!”

S君がそう怒鳴るよりも早く

『あんた、気付いてないのか!!』


『あんたの車の屋根に、さっきまで白い着物を着た女がずっとしがみついてたんだぞ!!』


ドライバーの男性、そう言ったそうです。





『もしもあの時窓開けてしまってたら。』
『あの女、車の中に入って来てたのかな。』
そう言ったS君の言葉、なんかずっと頭に残ってます。


今から10年ほど前の事なんですけど。
私、海の家でアルバイトをしてたんですね。
だからでしょうか?
このお話はなんだか印象に残ってるんですよね。。。



これは私の知人のK君って人が大学1年生の時に体験したっていうお話。
ずっと前のお話なんですけど。
K君、大学が夏休みに入ったので何かアルバイトをしようって思ったそうなんですね。
で、アルバイト情報誌見ながら
『いいの無いかな』
って探してると、日本海のとある民宿で住み込みのアルバイトを募集している。
夏休みは予定も無かったし、海が好きなK君は“これだ”って思ってすぐ電話したんですね。

  プルルルル

『はい。民宿○○です。』
年配の女性の声が。
K君、アルバイト情報誌見て電話したって伝えたんですね。
そしたら向こうは人手が足りなくて困ってるので、是非とも来て欲しいって。
いつからこれますか?って聞かれて、
“明日から行きます!”って答えたそうです。


次の日になって。
目が覚めてみると何だか体がダルい。
“風邪でも引いたかなぁ”
なんて思いながらも、今日から行くと言っておいて今更日にちを変えて欲しいとは言えない。
荷物持って駅に向かったんですね。
でも、駅に近づけば近づくほどだんだん体が重くなってくる。
頭がぼうっとして来て、間接が痛くなってくる。。。
駅に着いた頃にはしんどくて歩くのがやっとの状態に。
トイレの鏡を覗き込むと、目の下にはクマが出来て唇は真紫色になっている。
“さすがにこれはムリだ。”
そう思って民宿に電話したそうです。

『はい。民宿○○です。』

昨日と同じ女性が電話に出たので、K君自分の状態を伝えました。
そしたら、
“もし良ければウチで体が楽になるまでゆっくりしてくれていい。温泉も引いてますから。”
って。
このバイトがダメになれば、次のが見つかるとは限らないし。。。
K君その通りにすることにしたそうです。


重い体を引きずって、ホームに辿り着くとちょうど電車が到着してきました。
“良かった。いいタイミングだ。。。”
そう思って電車に乗り込もうとすると。

‘ガツッ’

急に腕を掴まれる感覚が。
振り向くと、老婆がK君の手を掴んでいる。

『乗ったらいかん。』

すごい力でK君を引っ張る。

『離して下さい。この電車に乗らないと行けないんです!』
K君の叫びを無視して老婆はグイグイとK君を引っ張り戻す。
とても老婆とは思えない力で。

『乗ったらいかん!お前は魅入られちょる!!』

結局ホームの入口まで引き戻され、その間に電車は行ってしまいました。
『あんたのせいで電車に乗れなかったじゃないか!』
老婆にそう怒鳴ると、

『お前は魅入られちょった。乗ったらいかんかったんじゃ。』

ぐっとK君を睨み付けてくる。
“なんだ、危ないババアだなぁ。”
そう思ってさっさとその場を離れたそうです。

“とにかく民宿に電話しないと。。。”
そう思って公衆電話まで向かおうとすると、先ほどまでが嘘の様に体が軽い。
途中トイレで顔を映してみると、顔色もすっかり元に戻っている。
不思議だなぁと思いながらも民宿に電話すると。

『この電話番号は現在使われておりません。』

・・・あれ?
何度掛け直しても同じアナウンスが。
ついさっきまで繋がったのに。
仕方なく、一旦家に戻ったそうです。


そして家に戻り、民宿のある観光協会に電話してみると。

『○○民宿は、現在は営業していません。』
『2週間前に強盗殺人があり、経営していた老夫婦がお亡くなりになられましたので。。。』

K君、愕然としたそうです。




『でもな。』
この話をしてくれた後でK君が言ってました。
『観光協会の人、あの民宿にはもう誰もいないって言ってたけどあれは間違いだよ。』
『いたんだよ、あの民宿には。あの老夫婦がずっと。・・・もしかしたら、今も。』
って。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。