~  “黄泉比良坂”  葦原中国(人間の住む世界)と黄泉の国(死者の世界)を繋ぐ黄泉路  ~ 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
これは友達の友達から聞いた話なんですが。

今から数年前
とある踏み切りで一人の女性が列車に轢かれて命を落としたんですね。
列車に巻き込まれた女性は一目で即死だって分かるほど
身体がバラバラになって飛び散ってた。
警察が死体の破片を集めたんですけど
彼女の左足だけはついに見つからなかったそうです。
だから彼女はね
自分の左足を探しつづけているんですって。
その日からずっと。

この話を知ってしまった貴方。
これから3日以内に彼女は貴方の夢の中に現れます。

『私の左足を知らないか?』

左足の無い女性の問いに答えてはいけません。
ただ

『カシマさん』『カシマさん』『カシマさん』

三度、彼女の名前を唱えるんです。
そうすれば彼女は消えてしまいますから。
もしこの名前を唱えなければ、貴方は彼女に左足をもぎ取られてしまう事でしょう・・・。






このお話が都市伝説の定番
“カシマレイコ”のお話。
“口裂け女” “トイレの花子さん”といった都市伝説の絶盛期、1970年代に伝播したこのお話。
色々な亜種があるお話で

‘足の場所は名神高速と答えると、誰に聞いたか問われるので『カシマレイコさんに聞いた』と答えなければならない。’
‘女性の霊が現れたら『カは仮面のカ、シは死人のシ。マは悪魔のマ』と答えなければならない。’

などまぁ地方によって呪文やシチュエーションに色んなバリエーションがあるんですが
基本的には身体の一部を失った女性の幽霊が、話を聞いた人の元へやって来るというもの。


これは個人的な考えになるんですが
この都市伝説には、興味深い点が三つあるんです。

一つ目は他の現代妖怪とは違い“カシマレイコ”は向こうからやって来るという事。
‘口裂け女’然り
‘トイレの花子さん’然り。
現代妖怪の多くはこちらが向こうの領域に足を踏み入れてしまう事によって
思いがけず‘遭遇’してしまうもの。
でもね。
“カシマレイコ”は話を聞いてしまった全ての人の元へやって来るんです。
安全な場所なんて無いんです。




そして二つ目は。
“カシマレイコ”の話には呪いが掛かる条件と解除する条件があるという事。
轢死した女性の話を聞く事により呪いは生まれ
呪文を唱えるといった一定の儀式を行うことにより呪いは解除される。
地方によっては何人かの人に同じ話をすれば呪いは解けるというものも。
この一つ目と二つ目の特徴。
これは正に
ビデオテープを見ると貞子の呪いが掛かり
ダビングしたテープを他人に見せると助かる。
あの『リング』のルーツとなったと思われる点ですよね。

この都市伝説はね、あの‘不幸の手紙’なんかにも共通性があるんですよね。
あの‘不幸の手紙’もね
元々は‘幸福の手紙’だったんです。
届いた人はさらに5人の人に同じ手紙を送れば幸せになれる。
大して拡がらなかったあの手紙もね。
内容が
送らなければ不幸になる。
となった途端に爆発的に拡がったんですよね。

“カシマレイコ”の話にはね。
迫り来る恐怖に対する不安とね
逃げれらないっていう絶望感が込められてるんです。
だからね、拡まるんです。




最後に三つ目。
最も興味深いのは
“カシマレイコ”の話には忌み名の存在あるという事。
以前ご紹介しました通り“忌み名”とはそのモノの本当の名前。
その名を呼ぶ事によって、この妖怪は力失い消えうせてしまうんです。
ケガの部位、死んだ場所なんかは地方によって違えども。
この妖怪の真の名は“カシマレイコ”なんですね。
これは民俗学的にもすごくおもしろい点ですよね。



このように“カシマレイコ”の都市伝説にはね。
民俗学や都市伝説の要素がいっぱい詰まってるんです。
あちらの世界に踏み込みかけてる人にとっては
本当に興味深い内容なんですよ。

今日のこのお話をご覧頂いて
“なるほどなぁ”
って思われた貴方。
おめでとうございます。
これで貴方もあっちの世界へ一歩近づきましたね。。。








スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
質問…。
『私の左足を知らないか?』
って言われたら、こう答えます。

貴女は、自分の左足がどうなったかわからないんですか?
じゃぁ、良いじゃないですか、
貴女にとっても印象の薄いモノだったんですから。
と。

彼女はどういう反応を示すのでしょう。
やっぱムキになるんですかね、幽霊さんでも…♪

2007/05/10(木) 23:25 | URL | ちょんちょん #-[ 編集]
Re:ちょんちょんさん
そんな揚げ足取ったってダメですよ。

だって彼女に無いんですから。

足が、ねv-40
2007/05/13(日) 20:56 | URL | ヒロシキャッツ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hiroshicats.blog84.fc2.com/tb.php/28-1cde0565
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。