~  “黄泉比良坂”  葦原中国(人間の住む世界)と黄泉の国(死者の世界)を繋ぐ黄泉路  ~ 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ついこないだの話なんですが。
私の友人のK田さんって人が不思議な体験をしたそうです。

K田さんは京都にとあるマンションに住んでる方なんですけど
10日ほど前の午後、家にいたら
“ピンポーン”
ってチャイムが鳴ったそうなんです。
だいたいそんな時間に来る人なんてセールスかなんかで
知り合いだったらまず電話してくるじゃないですか。
だから無視してたんですね。
そしたらしつこく何回もチャイム鳴らしてくる。

あんまりにもしつこいからどんなヤツか見てやろうと思ったそうなんですね。
で、玄関の隣の部屋にある小窓のカーテンの隙間から玄関を覗いてみた。
それでびっくりしたそうです。
玄関の前に居たのは2mはあるかのような大きな人。
それが腰まげて覗き穴を反対に覗いてる。
なによりも異様なのが。
その全身が夕日浴びたみたいに真っ赤だったそうです。


『嘘じゃなくてホントなんだよ、信じてくれるかい?』
ってK田さんに言われて私、
『もちろん信じますよ。』
って答えましたよ。
理由はまぁ、言いませんでしたけど。



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。